日本活断層学会 災害委員会

2014年11月22日22時08分に発生した長野県北部の地震(Mj6.7)に関する情報



2014. 11. 28 開設
2014. 12. 8 更新

2014年11月22日に長野県北部を震央とするMj6.7の地震が発生し,最大で震度6弱の揺れが記録されました.道路損壊のほか,家屋倒壊等も生じており,被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます.

この地震の震央および余震分布は,糸魚川-静岡構造線活断層系(北部)という長大断層の一部である神城断層の北端部付近にあたります.この活断層の既知の断層トレース上に,東上がりの地表地震断層が出現したことが緊急現地調査に趣いた会員から報じられています.災害委員会では,これらの緊急調査の報告のほか,国の研究機関や大学・学協会から発表されている情報を紹介して参ります.

【写真】信濃森上(白馬村)付近に出現した地表地震断層.断層崖の比高は約80cm.(撮影者:小俣雅志会員)


■緊急調査報告
信州大学・法政大学グループによる現地調査報告(廣内大助会員,杉戸信彦会員が参加しています)
2014年11月22日長野県神城断層地震における地表変位について(速報)(PDF: 約2MB)
鈴木康弘会員(名古屋大学)・渡辺満久会員(東洋大学)による現地調査報告
堀之内北北西約1km の地点で水田面に明瞭な変位を確認 (PDF: 約400KB)
京都大学グループによる現地調査報告 (林 愛明会員が参加しています)
京大地震調査チーム調査速報1(11/23) (PDF: 約40KB)
京大地震調査チーム調査速報2(11/29)  (PDF: 約200 KB)

土木学会 地震工学委員会による現地調査報告 (小長井一男会員が参加しています)※閲覧には「Google Earth」のインストールが必要です.
平成26年11月 地震工学委員会 長野県北部を震源とする地震の初動調査
東北大学災害科学国際研究所による現地調査報告
2014年11月22日長野県北部の地震
(独)産業技術総合研究所 地質調査総合センターによる現地調査報告 (近藤久雄会員,谷口 薫会員,勝部亜矢会員が参加しています)
2014年11月22日長野県北部の地震  第二報地表地震断層緊急調査報告(1) 
信州大学総合人間科学系による現地調査報告(大塚 勉会員が参加しています)
長野県神城断層地震(2014年11月22日,M6.7)緊急調査報告(第1報,第2報)
河本和朗会員(大鹿村中央構造線博物館)・松島信幸会員(伊那谷自然友の会)による調査報告
堀之内北北西約1kmの水田の湛水で確認される南西側の低下 (PDF: 約1.1 MB)
株式会社クレアリアによる現地調査報告(小俣雅志会員が参加されています)NEW !
「2014年11月22日長野県北部の地震」
■地震に関する情報
地震調査研究推進本部
2014年11月22日長野県北部の地震に関する情報
2014年11月23日に開催された地震調査委員会による今回の地震の評価のほか,各研究機関などへのリンクが張られています.
気象庁
平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について 2014年11月23日発表
地震の概況(速報値),余震活動の状況,防災上の留意事項などが掲載されています.
平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第2報) 2014年11月23日発表
地震の概況(暫定値),余震活動の状況,気象庁機動調査班(JMA-MOT)の派遣に関する情報掲載されています.
平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第3報) 2014年11月23日発表
余震分布に関して緊急に解析した結果が掲載されています.
平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第4報) 2014年11月24日発表
余震解析結果に基づく余震活動の見通しが掲載されています.
平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第5報) 2014年11月24日発表
震度観測点の状況及び地震動による被害状況に関する現地調査の結果が掲載されています.
平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第6報) 2014年11月27日発表
余震解析結果に基づく余震活動の見通しが更新されています.
平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第7報) 2014年12月1日発表 NEW !
余震解析結果に基づく余震活動の見通しが更新されています.

■地殻変動に関する情報
国土地理院
平成26年(2014年)11月22日22時08分頃の長野県北部の地震に伴う地殻変動について
GPS観測結果に基づく今回の地震による地殻変動量を解説しています.GPSによる変動ベクトル図(水平,上下)をダウンロードすることができます.
だいち2号干渉SARによる長野県北部を震源とする地震の変動について
GPS観測結果や合成開口レーダーに基づく今回の地震の地殻変動やその解析結果から推定される震源断層モデル,滑りモデルが掲載されています.また,被災地の地形図や地震後に撮影された空中写真をダウンロードすることができます.
■活断層に関する情報
地震調査研究推進本部 地震調査委員会による長期評価
糸魚川−静岡構造線断層帯の調査結果と評価PDF版はこちら: 約0.4MB)
糸魚川-静岡構造線断層帯 変動地形研究グループ(研究代表者:鈴木康弘会員(名古屋大学)
「糸魚川−静岡構造線」活断層情報ステーション
「糸魚川ー静岡構造線」活断層情報ステーション:糸魚川ー静岡構造線活断層帯を空から見る(北部) 
NEW !

(独)産業技術総合研究所
活断層データベース
国土地理院
都市圏活断層図整備一覧 
「白馬岳 (No.47)」「大町 (No.48)」に,神城断層の断層位置や過去にトレンチ調査が実施された地点が示されています.(「地理院地図」(電子国土Web)上に活断層の位置が表示されます)
広島大学(後藤秀昭会員のホームページ)
2014年11月22日長野県北部地震の震源付近の地形情報
航空レーザーDEMデータを用いて作成した余震域および震央域の地形陰影図,傾斜図,アナグリフへのを閲覧することができます.
■地質構造に関する情報
産業技術総合研究所 地質調査総合センター
長野県北部の地震[2014年11月22日]
 
震源域周辺の地質や断層・褶曲などの地質構造と余震分布との関係に関して解説されています.
日本活断層学会HPへ戻る