東北地方太平洋沖地震・日本地理学会災害対応本部 津波被災マップ(電子国土版)
 

被災地の皆様には心からお見舞い申し上げます.少しでも救援と復興のお役に立てることを祈念してこのマップを作成しました.

このマップをご覧になる方へ:

・このマップは,以下の目的のために,国土地理院が地震直後に撮影した航空写真を実体視判読して作成されたものです.
  撮影のない範囲についてもGoogle Earth等の衛星画像を判読し,マップを作成しました.
 ①被災範囲をできるだけ迅速に把握し,救援活動や復興計画の策定に資するデータを提供すること.
 ②津波の全貌を概査するとともに,今後開始される現地における津波調査のベースマップを提供すること.

・情報は次のサイトに掲載されたものです.  URL: http://danso.env.nagoya-u.ac.jp/20110311/
・現地調査で確認したものではないため,とくに,平野部や市街地などでは,空中写真の判読のみでは,被災範囲の判断が困難な場合が
  ありました.今後の精査によって改訂されることがあります.
・縮尺2万5千分の1の地形図を基図として作業しているため,数値情報には地形図そのものの誤差や線の平滑化による誤差があります.
  このため,大縮尺にすると表示が消える設定としました.
・海岸線と水涯線のデータは,国土地理院長の承認を得て,同院発行の基盤地図情報を複製したものです(承認番号 平22業複,第1013号).

電子国土Webシステムプラグインをインストールすることによりスムーズにご覧いただけます.http://portal.cyberjapan.jp/d_Plugin/index.html

拡大 縮小 パンニング ズーミング セレクション
北西 北 北東
西 東
南西 南 南東
 
 初めて表示させる際にデータの読み込みに時間がかかることがあります.

 チェックを入れてもすぐに表示されない場合は、しばらくお待ち下さい.

 家屋の多くが流される被害を受けた範囲


 津波の遡上範囲(水域を除く)


 地震後撮影空中写真の判読範囲(概略)